ライン

既刊本のご案内

ライン

図書館魔女は不眠症

  • 図書館は人だ、人=司書がいる限り図書館に未来はある!
  • 魔歳を重ね早朝覚醒にも慣れてきた〝魔女〟の最新エッセイ集!

大島真理著
四六判 ソフトカバー 188ページ
税別 1,500円 近日発売!
ISBN978-4-907126-32-2

弊社へのご注文

図書館魔女は不眠症 表紙

目次
パートⅠ ◆ 図書館トピックス
サグレスの小さな図書館
「世界ふれあい街歩き」にみる小さな図書館
蘆薈の花
バタフライピー
キーンさんと東北
金子兜太と長谷川義史 
ほんとうの図書館ってなあに?
再び、図書館の三要素
認知症と図書館
キャンベルさんの蘊蓄
ダミー本
黒い絵本
ヴェネツィアの本屋
柔らかな優しさの人 
女性閲覧室
花森安治の仕事
夜のカフェテラス
ル=グウィン追悼
再生芸術としての翻訳
専門図書館としての大宅壮一文庫
最近の映画にみる図書館
最近の小説にみる図書館
パートⅡ ◆ 本をめぐって
▽図書館のにおいにひかれる少女
 『霧のむこうのふしぎな町
▽人間の崇高さの極限を示す
 『収容所のプルースト
▽生来のジャーナリスト魂を持つ
 『リンドグレーンの戦争日記 1939-1945
▽あらゆることへの好奇心を糧に
 『エリナー・ファージョン伝:夜は明けそめた
▽本は文化の多様性を示す
 『ベストセラーの世界史
▽水とともにあった本の流れ
 『対岸のヴェネツィア
▽原始の子たちがいる国に住んで
 『チェコの十二カ月:おとぎの国に暮らす
▽字が読めないゾウは手紙を聞くのです
 『きげんのいいリス
 
▽韓国ドラマ、映画とは違う世界
 『ギリシャ語の時間
▽喪失の後に来たもの
 『トラブゾンの猫:小田実との最後の旅
▽差別の痛みと線量計の非常
 『線量計と奥の細道
▽ゴッホの「星月夜」から広がる
 『田園発港行き自転車
▽ミューズの現実を見る?
 『牧水の恋
▽漱石の美意識の原点
 『編集者 漱石
▽これまでにない未知の著者像
 『銀河を渡る
▽すべては戦略だった?
 『キンノヒマワリ:ピアニスト中村紘子の記憶
▽スタイリッシュな図書館員の実像
 『決壊
▽前川の生涯から見える図書館の理念
 『前川恒雄と滋賀県立図書館の時代
▽樋口夏子に恋をして
 『夢見る帝国図書館
パートⅢ ◆ 映画をめぐって
▽その旋律はあなたのもとへと連れ戻す
 『フランス組曲』
▽自分がじぶんであることを貫くために
 『リリーのすべて』
▽自由へと疾走する少女たち
 『裸足の季節』
▽大地に足をつけて
 『未来よこんにちは』
▽建物の記憶性とは?
 『もしも建物が話せたら』
▽人生を真にゆたかにするために
 『人生フルーツ』
▽記録と広島原爆と
 『いしぶみ』
▽なぜ軍隊がないのか
 『コスタリカの奇跡』
▽それでも歴史に残る脚本を書いた―
 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
▽人間を変える素晴らしいもの
 『タクシー運転手 約束は海を越えて』
▽極上のユーモアに救われる
 『湯を沸かすほどの熱い愛』
▽詩を映画化した監督の力量
 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
▽融合と再生を願う音楽とは?
 『Ryuichi Sakamoto: CODA』
▽地方で映画文化を育てた奇跡の人
 『世界一と言われた映画館』
▽映画の専門図書館員
 『ハロルドとリリアン』
▽司書のバイアス視点から見ると…
 『海すずめ』
▽小さな勇気の物語
 『マイ・ブックショップ』
▽時代の因習を超えた力
 『メアリーの総て』
▽最高のパートナーを得て
 『RBG最強の85才』
▽図書館の未来を確信して
 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
あとがき
本と映画の索引

大島真理(おおしま まり)

1948年宮城県生まれ。山形大学卒業。東北大学附属図書館、91-92年アメリカウェスト・バージニア工科大学図書館にてインターン。元東北福祉大学准教授(図書館学)、エッセイスト。著書に『無口な本と司書のおしゃべり』『ふるさとの臥牛に立ちて』『司書はときどき魔女になる』『司書はふたたび魔女になる』『司書はなにゆえ魔女になる』『司書はひそかに魔女になる』等。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート