ライン

既刊本のご案内

ライン

司書はなにゆえ魔女になる

  • 司書が魔女的能力を発揮するとき。
  • 知られざる世界の図書館事情。
  • 本と映画の水先案内も。

大島真理著
四六判・ソフトカバー 149ページ
定価 1,404円(税込) 日本図書館協会選定図書
ISBN978-4-946429-89-7

ご購入について

全国の書店でお求めいただけます。

司書はなにゆえ魔女になる

内容(目次)
  • パートⅠ 図書館をめぐって
    • 司書はビンボー
    • 南アで走る日本のブックモビル
    • 古本屋
    • “読まない読書”
    • 連想ゲーム
    • 本屋でデート
    • まだ見ぬ「リガの町」
    • 格差社会
    • マネジメント時代
    • 良書主義?
    • 『左手のコンチェルト』
    • エピソードと人名事典
    • 『おじいちゃん』
    • 「たけのこ!」
    • マニュアル社会
    • 社説の認識不足
    • 二列目の職業
    • Web時代の図書館
    • イザベラ・バードの町
    • ソフトパワー
    • さらなる女性パワー
    • 二つの国の造形作家
    • 切手博物館
    • “黄金の小路”
    • 受け継がれるもの
    • ミッキーマウス
    • ぬいぐるみ
    • ふたたび“読書する女”
    • こわれた陶器
    • 大統領の図書館力
  • パートⅡ 本をめぐって
    • 圧倒される壮大なスケール 『漂泊の王の伝説』
    • 死を超えるものは今を生きること 『くまとやまねこ』
    • 貧しい人々の生の正しさ 『本泥棒』
    • 日本版『たのしい川べ』への招待  『川の光』
    • 追随したくないアメリカの現実 『ルポ 貧困大国アメリカ』
    • アパルトヘイト時代の真実が見える 『ヨハネスブルクへの旅』
    • 食べることも宇宙の摂理 『食堂かたつむり』
    • 『ゲド戦記』の根はすでにあったのか 『青春の終わった日』
    • 戦争がもたらす文化理解の不思議 『書物の日米関係』
    • 稀有な勇気が物語るもの 『親愛なるブリードさま』
  • パートⅢ 映画をめぐって
    • 見終えたあとの幸福感 『善き人のためのソナタ』
    • 楽しい寓話のホーム・エクスチェンジ 『ホリディ』
    • 生きて何者かになりなさい 『約束の旅路』
    • ネズミだって本を読む 『レミーのおいいレストラン』
    • 凛々しい女性たち 『ドレスデン、運命の日』
    • なぜ原爆は日本に落とされたのか? 『夕凪の街 桜の国』
    • こびない潔さと小気味良いせりふ 『私の名前はキム・サムスン』
    • 歴史の影に消えたもの 『君の涙ドナウに流れーハンガリー1956』
    • 音楽の枠を超えて 『4分間のピアニスト』
    • こころの襞の虚構と真実 『歩いても 歩いても』
    • 無償の愛があるとするなら 『君のためなら千回でも』 
    • お手伝いさんと価値観 『ぜんぶフィデルのせい』
    • ただ日常を生きる美しさ 『胡同の理髪師』
    • イーストウッドの無限さ 『グラン・トリノ』
  • あとがき
    • 本と映画の索引

大島真理(おおしま まり)

1948年宮城県生まれ。山形大学卒業。東北大学附属図書館を経て、現在、東北福祉大学准教授(図書館学)。91-92年アメリカウェスト・バージニア工科大学図書館にてインターン。著書に『無口な本と司書のおしゃべり』『ふるさとの臥牛に立ちて』『司書はときどき魔女になる』『司書はふたたび魔女になる』等。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート