ライン

既刊本のご案内

ライン

司書はひそかに魔女になる

  • 東日本大震災をくぐり抜けた〝魔女〟
  • 復興途上の東北からエールを送る4年ぶりの爽快エッセイ

大島真理著
四六判・ソフトカバー 153ページ
定価 1,404円(税込) 日本図書館協会選定図書
ISBN 978-4-946429-13-2

ご購入について

全国の書店でお求めいただけます。

司書はふたたび魔女になる表紙

目次内容

    パートⅠ ◆ 図書館をめぐって
  • 「黙過」ということ
  • 非常時の図書館
  • アナログ新聞
  • 賢治とカズオ・イシグロ
  • 林子平とローマ数字
  • ことのはは、うつろふもの
  • 図書館の孟母三遷
  • ファン・ホッホの
  • アグネス・ビー
  • 黒田先生
  • 記録の不思議
  • 「君死にたまふことなかれ
  • 歌人とCurrent contents
  • 速読と遅読
  • 「ばちあたりまっせ」
  • 多言語の詩人
  • 辞書を編んだ人
  • 南相馬市立図書館見学記
  • 白河市立図書館見学記
  • 白河市立図書館見学記 追記

パートⅡ ◆ 本をめぐって
  • ▽物語に図書館を読み解く
    『やんごとなき読者』
  • ▽フェミニストヒロインの系譜、そして図書館
    『オックスフォード物語:マリアの夏の日』
  • ▽図書館へ冒険する少女たち
    『指ぬきの夏』
  • ▽イタリアの楽しい魔女物語 
    『赤ちゃんは魔女』
  • ▽世界と人をつないだ本
    『フォスターさんの郵便配達』
  • ▽心のよりどころとしての図書館 
    『図書室からはじまる愛』
  • ▽自立するための青春
    『どこからも彼方にある国』
  • ▽逆境を見据える少年たちの未来 
    『おれのおばさん』
    『おれたちの青空』
  • ▽こだわりの異種図書館への誘い 
    『楽器たちの図書館』
  • ▽女性の真の自立を具現した一生
    『漱石を愛したフェミニスト』
  • ▽凛として「倚りかからず」
    『清冽:詩人茨木のり子の肖像』
  • ▽時代を背負った歌人の矜持
    『ホームレス歌人のいた冬』
  • ▽希有な経験をした図書館員 
    『ゾイア!:ゾイア・ホーン回顧録、 知る権利を求めて闘う図書館員』
    • パートⅢ ◆ 映画をめぐって
    • ▽韓国ホームドラマから
      『ソル薬局の息子たち』
      『オジャッキョの兄弟たち』
      『天上の花園』
    • ▽別れの美学を超えるもの
      『追憶』
    • ▽砂漠に舞い落ちた天使?
      『バグダッド・カフェ』
    • ▽名もなき女たちへの賛歌
      『パーマネント野ばら』
    • ▽悪童と気弱な少年の友情物語
      『リトル・ランボーズ』
    • ▽基本はシンプル
      『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』
    • ▽上質なミステリーと登場人物の達者さ
      『ミケランジェロの暗号』
    • ▽識字の裏に潜む過酷な人生
      『おじいさんと草原の小学校』
    • ▽未来を欠いていた男の変容
      『君を想って海をゆく』
    • ▽父親との珠玉の時間を凝縮する
      『蜂蜜』
    • ▽人生は踏み出す少しの勇気
      『ヘルプ』
    • ▽凛とした死を迎える
      『木洩れ日の家で』
    • ▽まだ少し希望を見出そうか
      『friends after 3.11』
      あとがき
    • 本と映画の索引
    大島真理(おおしま・まり)

    1948年、宮城県生まれ。山形大学卒業。東北大学附属図書館、91-92年アメリカウェスト・バージニア工科大学図書館にてインターン。元東北福祉大学准教授(図書館学)、エッセイスト。著書に『無口な本と司書のおしゃべり』『ふるさとの臥牛に立ちて』『司書はときどき魔女になる』『司書はふたたび魔女になる』『司書はなにゆえ魔女になる』等。

    Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

    design テンプレート