ライン

既刊本のご案内

ライン

魔女っ子司書の自由研究

  • 「司書として、ロックでポジティブな人生を送る」がモットーの現役大学司書の最新刊!
  • 魔女っ子司書のふたこと日記〜図書館ジャーナル編〜、魔女っ子司書の読書感想文〜ブックレビュー編〜、魔女っ子司書のフィールドノート〜インタビュー編〜の3つの「自由研究」からなる。
  • インタビュー編では、図書館界で活躍中の、新 出さんには「図書館、そして司書の使命とは ?」を、小陳 左和子さんには「大学図書館の歩き方」を、早坂 信子さんには「図書館、司書の存在意義とは ?」を、川端 英子さんには「図書館運動の真髄」を、聞く。

八巻千穂著
四六判 ソフトカバー 147ページ
税別 1,500円
ISBN978-4-907126-35-3

ご購入について

全国の書店でお求めいただけます。

魔女っ子司書の自由研究 表紙

目次
刊行によせて 大島真理
パートⅠ
◆ 魔女っ子司書のふたこと日記
~図書館ジャーナル編~
▽ライブラリアンのたたずまい 
▽〝知を体現する〟アドベンチャーワールドへようこそ!  
▽営業さんの覚書
▽図書館女子のメランコリー その1
 ―ガラスの天井のシンデレラ―
▽図書館女子のメランコリー その2
 ―ロスジェネ図書館女子という受難―
▽宇宙スケールの出会いをあなたに
 ―運試し!「ベストセラー ロト4」―
▽〈番外編〉 アゲアゲ!〝B〟フェスへの誘い
パートⅡ
◆ 魔女っ子司書の読書感想文
~ブックレビュー編~
▽時をはこぶ舟
 ――『図書館愛書家の楽園』
▽心の伏流水
 ――『「死者/生者」論』
▽セ・ラヴィな街角
 ――『パリのすてきなおじさん』
▽翼を、つばさをください
 ――『現代社会用語集』
▽BorntobeWild!
 ――『女たちのテロル』
▽「この世は舞台、建築も人のための舞台なのだ!」
 ――『建築を気持ちで考える』
▽ダイナミクスな「食」のアナリシス
 ――『食べたくなる本』
▽「隔絶」がもたらす世界
 ――『王国Domains』
▽NoMusicNoLife!―果てしない音楽の可能性
 ――『世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ』
▽三十一文字の刻印
 ――『春日井建歌集』
▽子ども時間―パステル色のその先に
 ――『こどもスケッチ』
▽麗しのアフロな生活―煩悩とアフロの奇妙な関係―
 ――『寂しい生活』
パートⅢ
◆ 魔女っ子司書のフィールドノート
~インタビュー編~
フィールドノートのつくり方
▽新 出さん(公共図書館)に
 「図書館、そして司書の使命とは?」を聞く
▽小陳 左和子さん(大学図書館)に
 「大学図書館の歩き方」を聞く
▽早坂 信子さん(公共図書館・大学講師)に
 「図書館、司書の存在意義とは?」を聞く
▽川端 英子さん(図書館スピンオフ)に
 「図書館運動の真髄」を聞く
八巻千穂(やまき ちほ)

1975年福島県生まれ。
東北福祉大学卒業。現在、同図書館勤務。
『東北福祉大学図書館所蔵和漢書目録』編纂担当。
趣味は旅行とモダンバレエ。お気に入りはキズパワーパッドといらすとや。
広報ワーキングで培った技は、ハレパネの扱いの上手いこと。
図書館俳句部部長。
著書に『魔女っ子司書と図書館のたね』がある。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート