ライン

既刊本のご案内

ライン

絵手紙講演集 in 忍野—2

  • ヘタでいい、ヘタがいい 絵手紙50年
  • 富士山の麓で、あなたの心に火をつける!
  • 絵手紙の創始者・小池邦夫の待望の講演集、第2弾!

小池邦夫著
A5判・ソフトカバー・318ページ
定価 2,376円
ISBN978-4-946429-94-1

ご購入について

全国の書店でお求めいただけます。

絵手紙講演集 in 忍野—2

内容(目次)

  • 〈登場芸術家〉
    • 武者小路実篤「飾らず・恐れず・ためらわず・率直に」
    • 冬青 小林勇「真ん中に突っ込む精神」
    • 瀧井孝作「制作ハ発見也」
    • 副島蒼海・三輪田米山「書は万人の芸術だ」
    • 渡辺俊明「交流四〇〇〇日の絵手紙」
    • 良寛「良寛さんの人・詩・書・画」
    • 清水比庵「比庵の歌・書・画」

小池邦夫(こいけ くにお)

昭和16年、愛媛県松山市生まれ。書家、絵手紙の創始者。日本絵手紙協会会長。 東京学芸大学書道科に学ぶ。
『季刊 銀花』の綴じ込み企画で、一年間に6万枚の絵手紙をかき、話題を呼ぶ。
同60年、「絵手紙友の会」発足、絵手紙運動を推進する。平成10年、NHK教育テレビ「趣味悠々−心を贈る絵手紙入門」の講師を務める。
平成16年7月には富士山の麓、山梨県忍野村に「小池邦夫絵手紙美術館」開館。絵手紙の公募展・企画展のほか、濃縮講座・合宿講座・ふれあいトークなどの講演活動も展開中。
主な著書に『小池邦夫 絵手紙の原点』『小池邦夫 絵手紙50年』(二玄社)、 『三輪田米山の芸術—鳥舞魚躍—』『龍となれ雲自ずと来る—武者小路実篤の画讃に学ぶ—』(清流出版)、『絵手紙講演集 in 忍野 —1』(弊社刊)など多数。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート