ライン

もっとおいしく食べるには

ライン


歳時記の新しい顔かも。オリーブの旬

オリーブの挿絵

 オリーブは、世界で栽培されていますが、北半球の旬は、10月〜12月にかけて。
日本の産地では、最初に根付いた瀬戸内地方(小豆島)が知られていますが、最近では熊本県や東日本大震災の復興策の一つとして、宮城県石巻市でも栽培が行われています。
 成育した環境で味に違いが出るのも、オリーブの特徴。イタリアのオリーブ農園では、収穫時期になると、搾りたてのオリーブオイルを、パンとワインとともに味わうのだそう。日本でも作地面積が増え、叶わぬ贅沢ではなくなってきました。
 クセがなく、使用する料理も選ばないオリーブオイル。価格帯もさまざまで、好みに合ったものを買うのが一番ですが、酸化しやすいのがオリーブオイルの欠点。オイルの瓶(容器)が、黒や緑であることにお気づきの方も多いことでしょう。直射日光を避けるための処置です。特に開封後は冷暗所で保存し、短期間で使い切りましょう。
 フレッシュなオリーブオイルが手に入ったら、パンにつけたり、サラダに、生で食べるのがお勧め。お菓子なら、シフォンケーキに仕立てることをお勧めします。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート