ライン

もっとおいしく食べるには

ライン


夏の塩

 「夏場は塩分も必要です」という謳い文句に、夏は「塩」を前面に出した商品が並びます。夏場は汗をかくのでミネラル分が失われやすく、塩分補給が必要となります。では、どのくらい摂取すればいいのでしょうか?
 以前、著名なレストランでシェフを務められていた方にお伺いした話です。「毎日の習慣として、数回塩度計で自分の舌の感覚を確かめます。疲れていたり、暑くなってくると同じ%の塩分でも塩が足りない感じがしますが、その日の味付けは、足りない感覚で仕上げます。もちろん一般の家庭ではそこまでする必要はありませんが、疲れているなと思ったら、きちんとレシピ通りに調味料を計ってください。いつもの味なのに召し上がる方が塩気が足りないと感じられたら、卓上にある塩や醤油、ソースで調整してもらえばいいのです」
 塩はほんの少しで、1日の必要量(7g〜8g)に達します。チーズや味噌にもかなりの塩分が含まれていますので、心して摂取しなくても大丈夫。
 むしろ大切なのは水分補給。麦茶や水など「何も入ってない」飲料がオススメです。うだるような暑さを乗り切ってください。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート