ライン

既刊本のご案内

ライン

露草の青のような

吉田隶平著
A6判 136ページ
定価 1,620円(税込)
ISBN978-4-946429-18-7

ご購入について

全国の書店でお求めいただけます。

露草の青のような

目次

  • 未知
  • そして誰も居ない
  • 接点
  • 誘う
  • 横顔
  • 菩薩
  • 少年のように
  • 青い空の高み
  • 二人
  • ひとりでは
  • 不充分
  • 年齢
  • 遠くを
  • わたしに
  • 西日の中に
  • すべてを忘れたのちに
  • 露草の青のような
  • ひとりでいるあなた
  • マンモス
  • 微笑
  • もう少しのところで
  • 待ってばかり
  • あの世も
  • 語れない
  • 昼の月
  • 表情
  • 逆行
  • 夕顔
  • 幼い妊婦
  • 梅雨明け前
  • 夏の終わり
  • 移ろい
  • 赤とんぼ
  • 葱坊主
  • 冬の日
  • 凍て蝶
  • 早春の蝶のように
  • 傾く
  • 倦怠
  • わからない
  • 悔しさを
  • やぶ椿
  • 見えるもの
  • 初めてのように
  • 負ける
  • 小さな手にも
  • 命 捨つるほどの
  • 別れ
  • 消費
  • 他者
  • 気づかないことは
  • どこかで
  • わかったら
  • 悔しいこと
  • うわのそら
  • この世の幸せ
  • ただ笑って
  • 背景
  • ぼくの死は
  • そのように
  • なつかしいもののように
  • 悠久の中に
  • 一大事
  • 虚ろ
  • 花の満ちて
  • 止まっているように
  • すじ雲
  • なんのために
  • 雪柳
  • 満たされない幸せ
  • 計算ずく
  • 赤いバラ
  • 人間を

吉田隶平(よしだ たいへい)

1944年 広島県三原市に生まれる
1968年 早稲田大学卒業
1988年 郵政文芸賞受賞

〈既刊詩集〉
「愛について」(近代文芸社)、「夏の日の終わり」(ワニ・プロダクション)、「秋の日の中で」「風光る日に」(以上、砂子屋書房)、「青い冬の空」(花神社)、「なつかしい言莱たち」「彼岸まで〜ふたたび生まれ来ぬ世を〜」(郵研社)

「日本現代詩人会」「日本詩人クラブ」会員

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート