ライン

既刊本のご案内

ライン

広島の追憶と今日

  • 戦後70年 日本語復刻
  • 『HIROSHIMA IN MEMORIAM
      AND TODAY』(1969年)の翻訳出版
  • 高校生から会社役員まで
    被爆者体験記20人の手記
  • 被爆者懇談
  • 市民の声、世界の知識人の声
  • 平成27年の広島レポート

高山 等 編著
四六判 304ページ
定価  2,160 円(税込)
ISBN978-4-946429-17-0
ご注文ページへ

広島の追憶と今日 表紙

目次
まえがき
◎被爆者体験記
三児に遺す(74)
元広島市役所総務課長 村上 敏夫
運命の日(69)
被爆者団体協議会事務局長 桧垣 益人
黙っていることは罪だ
中学校教諭 高山 等
私は「ヒロシマ」を憎む
〜慟哭の原爆忌〜
元協和発酵副社長 若木 重敏

原爆体験と世界平和
前広島女学院院長 松本 卓夫
愛し児よ
薬店経営 落合フミコ
原爆の日母は
高校生 両羽 順子
両親を亡くして
洋服販売業 冨士本 恒
この子に幸せを
「きのこ会」事務局長 長岡千鶴野
あの日から
特別養護老人ホーム「清鈴園」 崎本 亀利
病床にありて
原爆病院患者 西本シズコ
慟哭の憤怨
元国鉄機関士(原爆病院患者) 増宮 益夫
被爆者の苦悩は続いている
主婦 行成 春子
魔の放射能
広島駅助役(自宅療養) 折手 元一
韓国人被爆者の願い
韓国居留民団広島地方本部事務局長 姜 文熙
原爆体験に根ざした平和教育
高校教諭・全国高校被爆教師の会会長 森下 弘
被爆者の願い
主婦 辰岩 秀子
被爆老人の生活
失対労務従事 比嘉 キミ
全世界にヒロシマの心を
ワールド・フレンドシップ・センター 山岡ミチコ
◎被爆者懇談
はしがき 
桧垣 益人
懇談会

◎市民の声
メッセージ
広島市長 荒木  武
平和は人類の希望
広島YMCA総主事 相原 和光
遅れた戦死
医師 原田 東岷
広島と人類
広島大学長 飯島 宗一
原爆資料館の役割
原爆資料館長 小倉 馨
ヒロシマとパールハーバー
広島女学院大教授 庄野 直美
世界の声
ヒロシマ爆撃について思うことども
歴史学者(イギリス)
アーノルド・トインビー
平和に向かっての慈悲の時代
ノーベル物理学賞受賞者(フランス)
カストレール・アルフレッド
平和促進への時代
平和運動家(クエーカー教徒)(アメリカ)
バーバラ・レイノルズ
一つの統一された世界か無の世界か
哲学者・作家(オーストラリア)
ギュンター・アンデルス
豊かな平和の世界へ向かって
(オーストリア)
ホック夫妻
ヒロシマ--不安と希望
新聞編集長(西ドイツ)
インゲンバーグ・クスター
科学的実験
小説・評論家(アメリカ)
アイラ・モリス
憎悪なしでは平和を教えられない
キリスト教平和活動委員(スイス)
ベアテ・ゼーフェルト
原爆は勝利への希望が引き起こした
ノーベル平和賞受賞者・政治家(イギリス)
フィリップ・ノエル・ベーカー
行動なき主張は無益
心理学者(カナダ)
アナトール・ラポポート
平和に関する世界の意見
ノーベル物理学賞受賞者(日本)
朝永振一郎
平和への「新しい人類」
キリスト教改革派主教(ハンガリー)
テイボア・パーサー
◎広島レポート 菊池 彰
広島の声(平和記念公園にて)

被爆者の現状

広島を訪れる人たち

今を生きる

未来への取組み

鼎談「被爆体験伝承者として思うこと」

あとがき
編者 高山 等(たかやま ひとし)

1930年、広島市生まれ。法政大学文学部卒業後、広島市内で、中学校教員に。1987年、公立学校退職。1988年東広島市被爆者の会に所属し、代表として世話。同年、被爆資料展示場開設。編著に英文『HIROSHIMA IN MEMORIAM AND TODAY』(広島の追憶と今日)『ヒロシマの原爆証言』がある。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート